プリマスタリング

プレス用マスター音源ついて

お受けできるプレス用マスターは以下の通りとなります。ご確認の上、ご支給ください。

プリマスタリング済みマスター

以下の【プリマスタリング済みマスター】をご支給いただければそのままCDプレスが可能です。

※プレス用マスター作成時には、必ずマスター・コピーを作成してください。運送時などのトラブルにて万一マスターに損傷があった場合、サブ・マスターとなります。

プリマスタリング未処理マスター

以下のお持ちいただいた【プリマスタリング未処理マスター】は、プリマスタリング作業が必要となります。
その他、素材でのお持込の際はお問合せください。

▲このページのトップへ

プリマスタリングとは

スタジオなどでミックス音源から最終の音調整をし、プレス用マスターを作成することを〈プリマスタリング〉と呼びます。プレス工場にてマスター音源からプレス用の成形盤(スタンパー)を作成する〈マスタリング〉とは工程が違います。〈プリマスタリング〉では、市販のCDのように最適な音質で再生できるよう以下のような調整をおこないます。

プリマスタリング内容

音源編集
音圧(レベル)調整
最終的な楽曲の音圧レベルの調整
音質調整
高・中・低域の周波数のバランスを調整しながら、 個々の楽器やボーカルを際立たせることが可能です
曲頭・曲尾の調整
フェードイン、フェードアウトなどのクロスフェード作業
ノイズカット
曲頭・曲間などのノイズ・カット作業
PQの設定 CDのトラック情報、スタート・エンドの設定などのPQ信号の入力をする作業です。その内容を記載したPQシートの出力をおこなります。
ファイナライズ 作業後にCD-Rなどのメディアにデータを記録する際、他のプレーヤーで再生できるようにするための作業です。ファイナライズをしたメディアはそれ以上の書き込みができなくなります。ディスクアットワンスで作成したディスクは自動的にファイナライズ処理がされます。
検証盤 プリマスタリング作業後、チェック用の検証盤を作成いたします。検証盤をご確認いただき問題が無い場合、プレス用マスターの作成をさせていただきます。予備のサブ・マスターも作成されることをお勧めいたします。検証盤のチェックは、いろいろな再生環境でおこなってください。

▲このページのトップへ

スタジオ立会いマスタリング

マスタリング・スタジオにて、エンジニアとお客様立会いの元、プリマスタリング作業をおこないます。実際に音を聞きながら作業をいたしますので、納得のいくマスター作成ができます。時間制となりますので、事前に音源のご支給、作業内容のご指示、参考CDなどをいただけますと時間短縮となります。
※立会いができない方は、おまかせマスタリングをご利用ください。

ご確認

スタジオにてマスター音源の最終チェックをお願いいたします。ただし、マスタリング・スタジオと自宅等では、使用機材や音響設備などが異なるため、聞いた印象が大きく異なる場合がございます。チェック用CDをお持ち帰りいただき、いろいろな機材・環境でのチェックもお勧めいたします。再度プリマスタリング作業が必要な場合は別途料金となります。

お申込

予約制となります。ご希望の日時をご指定ください。スタジオの空き状況によってはご希望の日時が取れない場合がございます。なるべくお早めにスタジオの予約をお願いいたします。
※キャンセルについては、料金が発生する場合がございますのでご注意ください。

マスタリング申込書(PDFファイル:799KB)

▲このページのトップへ

おまかせマスタリング

ミックス後の音源をお預かりし、エンジニアがスタジオにてプリマスタリング作業をおこないます。ご希望の編集内容をご指示いただき編集をおこないます。遠方の方や立会いの時間が取れない方でもマスターの作成が可能です。
※スタジオでの立会いをご希望の方は、スタジオ立会いマスタリングをご利用ください。

ご確認

チェック用の検証盤CDをお送りいたしますのでご確認をいただき、問題がなければマスターの作成をいたします。再度マスタリングが必要な場合は、編集内容により別途料金が発生する場合もございます。ご注意ください。検証盤の確認につきましては、いろいろな機材・環境でのチェックをお勧めいたします。

お申込

マスタリング申込書に楽曲名、編集内容などを明確にご記入の上、音源素材とご一緒にお送りください。

マスタリング申込書(PDFファイル:799KB)

▲このページのトップへ