DVDオーサリング

DVDオーサリング サービス内容 料金詳細

弊社では、メニュー作成、コピーガード、プログラミングなどのオーサリング作業全般をサポートしています。

主なサービス内容

エンコード DVDで再生可能にする為、映像・音声データのデジタル圧縮作業
メニュー頁作成 各チャプター・トップの表示内容のデザイン作成
プログラム作成 DVDプレーヤーでコンテンツを正常に動作させる作業
オーサリング 最終的なDVDマスターを作成するため、プログラムに基づきエンコードされた映像・音声データとメニュー画面の関連付け作業
検証盤の作成 オーサリング後のチェック用テスト盤の作成

お客様のご希望により、【オートスタート】【マルチアングル】【ダイレクトアクセスの禁止】【マルチアクセスの禁止】などその他作業のご依頼も対応可能です。
オーサリングマスター素材の種類によっては、オーサリング出来ない場合があります。 詳しくはご相談ください。


注意事項

  • リージョンコード指定/コピープロテクトを掛ける場合は明記してください。
    (マクロビジョンなど別途費用の発生する物もありますのでご相談ください)
  • 複数のメニューが存在する場合は『簡単なフロー図』を、オーダーシート内の「ナビゲーションフローチャート」欄にご記入下さい。
  • チャプター終了後の処理がある場合、その内容もフロー図に記載してください。 

オーサリングの進行



素材提供について

お送り頂きます、マスターディスクやテープには、必ず「タイトル」「ボリュームネーム」を明記の上お送り下さい。 併せて、≪オーサリング・オーダーシート≫ ≪タイムシート≫を添付願います。
オーサリング完了後、プレス用マスターとしてDLT又は、DVD-R が完成します。それを元にプレスが行われますが、使用許諾の取れていない映像素材を含んだマスターの場合は、プレス出来ませんのでご注意願います。

「検証盤」について

オーサリング終了後、映像・動作確認用にDVD-Rで内容をチェックして頂く為に提出するDVD-R チェック用ディスクの事を≪検証盤≫と言います。コピーガードは、プレス工程において初めて設定される為、検証盤でのご確認は出来ません。

▲このページのトップへ