DVDについて

オーサリングについて

DVDプレス用マスター制作のためのエンコード及びプログラム作成作業となります。

具体的には、映像や音声データをデジタル変換し、それらの素材を組み合わせて、DVDプレイヤーで視聴可能なDVD-Video規格に映像データをプログラミングすることです。作業そのものは、オーサリング・ソフトを使用して行います。オーサリング・ソフトには、一般ユーザ向けから業務用まで様々なソフトがあり、それぞれオーサリングできる内容も違ってきます。

エンコード

DVDで再生可能にする為の、映像・音声データのデジタル圧縮作業で、テープベース素材のビデオ・コンポジット信号をMPEG-2 にデジタル圧縮します。エンコードされる圧縮比率により容量(記録できる分数)が変わります。

DVD-video規格最大のビットレートでエンコードするには、DVD-5(片面1層)で60分、DVD-9(片面2層)で120分を目安にしてください。 高品質な音質を望む場合は、音声データに記録容量を割く為、映像の収録時間が削られることになります。 Dolby Dgital (AC-3)方式でも十分な音質が期待できますが、最高音質の場合リニアPCM方式をお奨めします。 その場合映像ビットレートを下げる必要があります。

プログラム

メニュー画面のチャプターリンク設定や、ALL PLAYなどのスクリプト記述のようなDVDならではの機能を設定する為の作業の事です。 複製防止のコピーガードやマルチアングル機能、音声/字幕等の設定も、プログラム作業を施すことで実現します。

メニュー画面とチャプターについて

一般的にメニュー画面には、本編ムービーの各シーン(チャプター)を再生させる為の「チャプターボタン」と、 全編再生をさせる「ALLPLAY ボタン」が配置されます。

オーサリング時に、『再生からメニュー画面復帰までの流れ』を決めておく必要があります。 例えば、各シーン(チャプター)を再生した後メニュー画面に復帰する、あるいはそのまま次のシーン(チャプター)の再生を続ける、メニュー画面が複数存在する等など。
このような再生フローを、オーダーシート内の「ナヴィゲーションフローチャート」 と 「タイムシート」 にてご指定・ご相談下さい。

オーサリングオーダーシート

タイムシート

チャプターポイント(チャプターを置きたい位置)を、マスター映像素材のタイムコードでご指定下さい。

例:
  テープ名又はテープNO. IN OUT 備考
フレーム フレーム  
1 A0001 00 00 00 00 00 12 00 15  
2 A0001 00 12 00 30 00 25 32 45  
3 A0001 00 25 33 00 00 35 09 30  

※フレーム単位までの詳細時間が、分からない場合は大まかな時間と映像のタイミングの内容をご明記ください。


タイムシート

▲このページのトップへ

DVD-VIDEO規格

規格概要
映像圧縮フォーマット MPEG-2
解像度 720pixels×480pixels(NTSC)・72pixels/inch
音声圧縮フォーマット MPEG-2 オーディオ/リニアPCM/Dolby AC3
画面比率 4:3/16:9
最大音声チャンネル 8
最大チャプター数 99
最大映像数 9アングル
メニュー最大数 1000
ボタン数 (1メニューあたり) 36(4:3) 18(16:9)
リージョンコード 2(日本/南アフリカ/ヨーロッパ)
コピーガード(複製防止) CSS(デジタルコピーガード)/APS(アナログコピーガード)

作成されるコンテンツの企画や内容により上記の仕様は異なります。

コピーガード(複製防止)

DVDプレスのコピーガードにはCSS(デジタルコピーガード)とAPS(アナログコピーガード)の2種類あります。 オーサリング時に設定をし、プレス用マスターとして作成します。

コピーガードは、現在はDLTマスターには、反映できますが、DVD-Rでは、反映されません。

種類 デジタルコピープロテクト
(CSS=Content Scramble System)
アナログコピープロテクト
(APS=Analog Protection System)
内容 コンピュータへのデータコピーを防止 DVDプレーヤーでの再生時に他の記録装置
で録画しようとした場合、スクランブルを掛けて防止
設定 オーサリング時使用ソフトにて設定 ライセンス・ホルダーであるマクロヴィジョン社※と
タイトル毎に許諾契約が必要。
現在市販のVHS/LD等にも使用されている

※APS(アナログコピーガード)は、マクロビジョン社の登録商標です。
 著作権者とマクロビジョン社との契約が必要になります。

※マクロビジョン社 問合先 03-6225-5665(代表) http://www.macrovision.com/global/jp/9939.htm

リージョンコード

設定された地域のみで再生可能にする方法。地域によって映画などの興行スケジュールが違うことを考慮、また海賊版防止の意味を含めて設定することが可能です。
日本国内では、リージョンコード2を使用しています。ALL指定すると全地域で視聴できるディスクになります。

リージョンコード別国一覧

1 アメリカ・カナダ
2 日本・南アフリカ・ヨーロッパ
4 オーストラリア・中南米
5 ロシア・西アジア・アフリカ
6 中国
ALL 全地域

字幕について

DVDの字幕はクローズドキャプションと言い、再生時メニュー画面で選択することにより字幕の言語表示切り替えが可能になります。

※オープンキャプションとクローズドキャプション
字幕には≪オープンキャプション≫と≪クローズドキャプション≫の2種類のものがあります。
オープンキャプションとは、映像と字幕が一体となっているものです。一方クローズドキャプションとは映像と字幕が別にあり、 お客様が再生の際、その種類や表示を選択できるものです。
テロップをご希望する場合、入稿の際には、SSTファイル(字幕の入っている時間などのデータ)とTIFデータ(字幕の画像データ)をご用意ください。

▲このページのトップへ